薬剤師正社員として働くメリット、デメリット

正社員薬剤師としてのメリット、デメリット

薬剤師として正社員で働きた場合のメリット、デメリットを紹介しています。どの職種でも正社員で働く方がメリットは多いと思います。まず、正社員で働く事で福利厚生がしっかり受ける事が出来ます。最近ではアルバイトやパートでも福利厚生が手厚い職場も多くなりましたが、やはり正社員のメリットの中でも福利厚生は上位ですね!

 

正社員で働くメリットとして会社や企業、店舗などへの貢献度が正社員とパートやアルバイトでは違いますよね!特に責任感や遣り甲斐の面では正社員として働く事で得られる事が多いと思います。

 

給料面でも正社員で働く事で得られるメリットは違います、特に賞与などはアルバイトやパートでは出ない場合や出ても少ない事がほとんどですが、正社員なら比較的多い賞与が期待出来ます。月給よりも年収で比べた場合、賞与の差で年収が大幅に変わる事も珍しくないですね!

逆にデメリットも少なからずあります。まず、就業時間、会社や店舗に縛られる時間が多くなります。また人材が不足している場合なども補足する必要なども出てきますね!責任と言う面が裏目に出る事も有ります。休日出勤や残業なども余儀なくされることも有ります。
また、大手チェーン展開している店舗や大手企業などでは転勤などが付いて来ます。家庭をお持ちの薬剤師さんは辛い事も有るかも知れません。
子供が小さい薬剤師さんでは急な休みが取りにくい職場なども有るそうです。薬剤師さんが正社員からアルバイトやパートに転職する理由に子育てや家事などがおろそかになる為に時間の融通が利く働き方がしたいと言う事が多いそうです。

 

正社員は、就業時間などの融通が利きにくく結婚された女性薬剤師さんにはデメリットの面も多くなるかも知れません。

 

薬剤師正社員求人募集に強いサイト

将来的に薬剤師として長く働くのであれば正社員が得?

薬剤師としての就職のほとんどが正社員での採用を希望ですよね!
薬剤師の就職先としては、調剤薬局、ドラッグストア、病院、医療関連、企業などがあります。この中でも調剤薬局へ就職する方がほとんどだと思いますが、女性の多い職業ということで、結婚や出産で仕事を辞められる薬剤師さんも多く、薬剤師業界は人で不足が長年続いている業界でもあります。

 

薬剤師として就職、働く際に正社員を選択することは自然なことですが、結婚後、出産後の再就職や転職の際には、フルタイムで働くのかパートタイムで働くのか?正社員でで働くのかアルバイトやパートで働くのかを悩まれる方も多いのではないでしょうか?

 

時間的に、制約がある場合は、パートやアルバイトという選択になりますが、フルタイムでも働ける場合では、正社員にするのかアルバイトやパートで働くのかを悩むケースも出てくると思います。
どちらで働くのが得なのかは、はっきりどっちが得ということはできませんが、長く薬剤師として働くのであれば正社員のほうが福利厚生などもしっかりしているので将来的には得かなと思われます。

 

薬剤師は、正社員としての採用も比較的容易にできる職種ですので、フルタイム、常勤で働くのであれば正社員として働く方が得なことが多いと思います。正社員での採用がなのなら正社員の選択が成果かと思います。